建築火災シミュレーションとその現状 Present Situation of Numerical Simulation for Building Fire

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>火災の数学モデルは,利用目的に応じて多種多様に開発され・数多くのモデルが存在し稼動している.ところが・この火災シミュレーションプログラムがブラックボックス化されて実行されており,火災の非線形性のため,同じモデノレのプログラムを実行しても,入力データ,特に境界条件の取扱いによって,計算結果が異なるという不思議な現象が起こっている.本稿では,火災の数学モデルについての予備知 </b></tt><tt><b>識を紹介する. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 36(6), 368-373, 1997-12-15

    安全工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002473666
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4364221
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ