分子動力学シミュレーションで見る氷の結晶成長とメタンハイドレートの核生成 Structural Phase Transitions of Ice and Methane-Hydrate Investigated by Molecular Dynamics Simulations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>分子動力学シミュレーション法を用いて,氷の結晶成長機構とメタンハイドレ!一トの核生成機構を調 べた.その結果,氷の成長やハイドレートの生成が分子レベルで再現され,それらの機構が分子レベルで議論された。これらの構造相転移の際,水分子の重心配列の秩序化が方向配列のそれより先に起こるという結果は,氷とハイドレートの両方に共通している.本シミュレーション結果は,水分子の回転運</b></tt><tt><b>動が氷やハイドレートの成長を律速する重要な要因である可能性を指摘している. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 36(6), 451-456, 1997-12-15

    安全工学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002473842
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4364233
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ