分子動力学法による破壊シミュレーション Molecular Dynamics Simulation on Fracture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>破壊は複雑な機構・過程を有する多様な現象である.本稿では,破壊現象の複雑さを生む要因および破壊研究における分子動力学法の位置づけについて整理した後,原子レベルから破壊現象を解明しようとする最近の取組みについて紹介した.電子材料等の微細化・高集積化に伴って,原子レベルの破壊を</b></tt><tt><b>解明する必要性はさらに高まると予想され,多くの研究者の取組みが望まれる. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 37(1), 26-32, 1998-02-15

    安全工学会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002473943
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4400748
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ