芳香族化合物のスルホン化反応の熱的危険性解析 Hazard Analysis of Aromatic Sulfonation Reaction by Reaction Calorimeter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>液一液不均一系反応に対し,撹搾停止による相分離状態から急激に撹絆を再開させた際の熱的危険性評価手法の確立を目的として,トルエンおよびベンゼンの硫酸によるスルホン化反応を対象に実験を行った.その結果,液一液不均一系反応が十分に完結する濃度で行われた場合には橿絆再開後の発熱挙動は硫酸濃度に依存せず,撹搾速度や液の物性変化等に起因する撹挫効率の変化に大きく依存することが明らかとなった.また,総括反応速度が撹枠による二相の接触面積に比例すると仮定し,液滴の分散度合いを表すウエーバー数(四θ)を基に撹搾再開後の最大発熱速度の予測式を提案した.種々の反応条件に対して予測式の適用範囲を検討した結果,分散相の容積比が0.1以上の条件において予測値と実測値 </b></tt><tt><b>は良好な一致を示した. </b></tt></p>

<p><tt><b>In order to gain an understanding on the hazardous nature of heterogeneous reaction systemsin liquid-liquidphase toluene and benzene sulfonation by sulfuric acid was investigated using a reaction calorimeter(RC1). It was fomd that the exothermic behavior of sulfonation was inHuenced by the stirrlng efficiency viz.the interfacial tension,while it did not depend on the acid concentration. The maximum heat release rate was predicted by employing a mathematical relationship using Webemumber,in which the overa11reactiom'ate was assumed to be proportional to the size of the contact area between phases、The validity of the relationship was checked by comparing with the RCI experlmental results、It was found that the predicted heat rates </b></tt><tt><b>matched reasonably when the volumetric fraction of the dispersion phase was larger than O.1.</b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 37(3), 164-171, 1998-06-15

    安全工学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002474176
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4487312
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ