京都議定書と私の体験したCOP 3 Kyoto Protocol and My Experience for COP 3

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>昨年の12月に気候変動枠組み条約第3回締約会議(COP3)は難産の末に「京都議定書」を採択して終了した.私はっぎのようなCOP3に関する体験をした.1)会議開催日の会議の傍聴と関連行事への参加,2)「気候フォーラム」の運営員としてのCOP3にむけた一年間の活動,3)宮城県の環境NGOの帯民に対する啓蒙活動の責任者としての一年間の活動である. ここでは,私が上記のような体験を通して感じたことや,京都会議の争点と最終議定書の内容および</b></tt><tt><b>温暖化防止の今後の課題などについて記した. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 37(3), 185-192, 1998-06-15

    安全工学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002474208
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4487316
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ