TPM活動と安全管理 TPM Activities and Safety Management

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>生産設備のメンテナンス活動を通じて徹底的にロスとムダを排除することによって生産性の向上を図ることを狙ったTPM活動すなわち全員参加の生産性保全活動が提唱されているが,最近の厳しい経済 環境下で多くの化学工場がそれに関心をもち,導入している. TPMの基本的な理念と具体的な推進方法について解説する.TPM'活動によって生産性向上の面で大きな成果を上げることができるばかりではなく,設備面および運転面での安全管理にも有効であるこ </b></tt><tt><b>とが期手寺できる. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 37(5), 302-306, 1998-10-15

    安全工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

  • <no title>

    出光興産

    出光のTPM全員参加の精油所経営, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    千住鎮雄

    TQCとTPM, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    鈴木徳太郎

    生産革新のための新TPM展開プログラム-装置工業編, 1992

    被引用文献2件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002474320
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4584733
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ