アルミニウム薄板リベット継手の疲労強度 Fatigue Behavior at Rivet Joint of Aluminium Alloy Sheets

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b> 1985年8月12日,羽田発大阪行のジャンボジェット機が524人の乗客,乗員を乗せて,群馬県山中に墜落した.運輸省調査委員会の報告書は圧力隔壁の破壊がその原因であり,さらに同機が1978年,大阪空港において起こした尻餅事故に際しての修理ミスがその遠因と結論している.本研究は不適切に修理された圧力隔壁リベット継手の疲労強度を実験的に検討し,また圧力隔壁の修理における人為ミスについても推定できればと考えて実施した.実験に使用した材料は母材,リベットともにいずれも事故機のものと同等である。多くの実験の結果,リベットのかしめ側ヘッドの直径が不十分であり,重ね部分にシール材が塗布されている場含に1列りベット継手の疲労強度が著しく低下することが明らかとな った.</b></tt><tt><b>事故機の隔壁はこのような状態で破裂に至ったものと推測される.</b></tt></p>

<p><tt><b>AjumbojetairplallecrashedinJapan,August12.1985.Total524personboardedintheplane,andintheaccident520 person was died and only4person survived miraculously. This experimental study was carried out to confirm strength of single riveted joint.In case of Faying Surface Seal do not paste,the fatigue strength of a riveted joint increases linearly for the diameter of driven head.When Faying Surface Sea/was used and a diameter of driven head was less than6.5mm(diam.of manufactured rivet head is8mm,diam.of shank is4mm)the fatigue strength of joint decrease about1/3for not used Faying Surface Sea1.In this region,it can be estimate that the pressure wall of the accidental airplane was fractured. The working management should be circumspective,that is,the double rivet joint does not make the single rivet joint.</b></tt><tt><b>It can be say that it must be added the item measurillg a diameter of driven head. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 37(5), 311-319, 1998-10-15

    安全工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002474350
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4584735
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ