日本アイ・ビー・エム(株)における環境・安全の自己診断および監査 Self-assessment and Audit on Environmental Health and Safety in IBM JAPAN Co., Ltd.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>日本アイ・ビー・エム(株)において,環境・安全両分野の法規ならびに社内規に対する満足度を主観的に自己診断し,さらにその達成状況を客観的に監査するマネジメントシステムについて紹介し,その意義について述べる.ISO14001シリーズに準拠した環境マネジメントシステム監査を中心とした環境・安全両分野の総合監査(広義の環境監査)の実践を通じて培われたもの,ならびに教訓として学んだ事柄についても触れる.最後に弊社の環境プログレス・レポートに掲載する安全衛生実績と環境ポリ </b></tt><tt><b>シーを紹介する. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 38(1), 39-41, 1999-02-15

    安全工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002474642
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4657066
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ