リズム運動の環境適応に関する数理的モデルについて A Model of Adaptation to Environmental Changes in Rhythmic Movements

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

This paper considers an adaptation of rhythmic movements to changes in environments. Perturbed locomotion has been proposed as a new paradigm of motion learning. Here, we formulate this phenomenon with CPG model and give a rule for parameter changing in locomotion patterns. Our rule is derived from a criterion that less interaction is more natural in CPG oscillation. Then extending our approach, we discuss general features and necessary conditions for rhythmic motion and propose a mathematical framework for its adaptation.

収録刊行物

  • 計測自動制御学会論文集  

    計測自動制御学会論文集 34(9), 1237-1245, 1998-09-30 

    The Society of Instrument and Control Engineers

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  9件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002479491
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00072392
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04534654
  • NDL 記事登録ID
    4571757
  • NDL 雑誌分類
    ZM11(科学技術--科学技術一般--制御工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ