片末端にアミノ基を有する単分散ポリスチレンのγ-Fe_2O_3表面上への吸着挙動 Adsorption Behavior of Monodispersed Polystyrene with a Terminal Amino Group on γ-Fe_2O_3 Surface

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 西野 孝 NISHINO Takashi
    • 神戸大学工学部応用化学科 Department of Chemical Science and Engineering, Faculty of Engineering, Kobe University
    • 和田 雅浩 WADA Masahiro
    • 神戸大学工学部応用化学科 Department of Chemical Science and Engineering, Faculty of Engineering, Kobe University
    • 平岡 孝朗 HIRAOKA Takao
    • 神戸大学工学部応用化学科 Department of Chemical Science and Engineering, Faculty of Engineering, Kobe University
    • 加藤 健司 KATO Kenji
    • 神戸大学工学部応用化学科 Department of Chemical Science and Engineering, Faculty of Engineering, Kobe University

抄録

リビングアニオン重合法により, 片末端にアミノ基を導入した分子量分布の狭いポリスチレン (PS-N (CH<SUB>3</SUB>) <SUB>2</SUB>) を合成し, この高分子の<I>γ</I>-Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>粒子表面に対する吸着挙動と粒子の分散性に関して検討を行った。<BR>高分子の末端に導入したアミノ基は<I>γ</I>-Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>粒子表面に対してアンカーとしての役割を果たした。表面圧-面積曲線から求まる極限占有面積ならびに飽和吸着量に基づき算出した単位面積当たりの吸着分子数の比較から, 低分子量のPS-N (CH<SUB>3</SUB>) <SUB>2</SUB>では<I>γ</I>-Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>粒子表面上に比較的密に吸着するのに対し, 分子量が高くなると広がりを持って吸着することを見出した。また, 磁性塗膜を作製し, <I>γ</I>-Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>粒子の分散性を評価した結果, 粒子の分散性は低分子量のPS-N (CH<SUB>3</SUB>) <SUB>2</SUB>を吸着させた場合が優れていたが, 分子量が高くなると低下した。したがって, 分子量が高く<I>γ</I>-Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>粒子表面に広がりを持って吸着する高分子に比較して, 密に吸着する低分子量のPS-N (CH<SUB>3</SUB>) <SUB>2</SUB>が分散剤としてより効果的であることが明らかとなった。

Monodispersed polystyrenes with a terminal amino group (PS-N (CH<SUB>3</SUB>) <SUB>3</SUB>) were synthesized by living anionic polymerization. Relationship between the adsorption behavior of PS-N (CH<SUB>3</SUB>) <SUB>2</SUB> on <I>r</I>-Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> particles and the dispersibility of PS-N (CH<SUB>3</SUB>) <SUB>2</SUB> adsorbed <I>r</I>-Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> particles in magnetic films was investigated. The terminal amino group played an important role for anchoring the polymer chains on <I>r</I>-Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> surface. From the measurement of the occupied area of polymer chain, low molecular weight PS-N (CH<SUB>3</SUB>) <SUB>2</SUB> was found to be densely adsorbed on <SUB>r</SUB>-Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> particles. The dispersibility of the particles increased with decreasing molecular weight of PS-N (CH<SUB>3</SUB>) <SUB>2</SUB>. These results indicated that PS-N (CH<SUB>3</SUB>) <SUB>2</SUB> adsorbed densely on <I>r</I>-Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> particles was more effective as a dispersant of metal oxide particles.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 71(7), 413-419, 1998-07-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002481873
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4523163
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ