^1H NMRと^<13>C NMRによる重縮合の解析-2 -アルコリシスとアシドリシス- Characterization of the Polycondensation by ^1H NMR and ^<13>C NMR -Alcoholysis and Acidolysis-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アルコリシス, アシドリシスを解析する目的で, 1, 4-シクロヘキサンジカルボン酸 (CHDA), 1, 5-ペンタンジオール (PD) 組成ポリエステルの1, 4-シクロヘキサンジメタノール (CHDM) によるアルコリシス, イソフタル酸 (iPA) によるアシドリシス, さらに, 重縮合中のアルコリシス, アシドリシスを解析する目的でcHDA, PD組成ポリエステル存在下でのiPAとcHDMとの重縮合, iPA, cHDM組成ポリエステル存在下でのCHDAとPDとの重縮合の解析をNMRで行った。本研究条件 (無触媒, 反応温度230℃以下) ではa) アルコリシスは反応温度140℃より徐々に進行する。b) アシドリシスはほとんどど進行しない。c) ポリエステル存在下での重縮合で生成したポリエステルのモノマー連鎖はランダムに近い。これは, 結果a), b) および先報<SUP>8) </SUP>よりエステル結合のアルコリシス, 加水分解によりランダム化が進行したと推定する。

Alcoholysis and acidolysis of the polyester derived from 1, 4-cyclohexanedicarboxylic acid (CH DA) and 1, 5-pentanediol (PD) without a catalyst were studied by <SUP>1</SUP> H and <SUP>13</SUP> C NMR spectroscopies. The processes in the polycondensation of CHDA with PD in the presence of polyester composed of isophthalic acid (iPA) and 1, 4-cyclohexanedimethanol (CHDM), and the that of iPA with CHDM in the presence of polyester composed of CHDA and PD were also studied by the NMR spectroscopies. The following are the results we obtained : (1) The alcoholysis of the polyester occurred above 140°C ; (2) The acidolysis of the polyester did not occur in the same condition ; (3) The polycondensation of CHDA with PD in the presence of polyester afforded the polyester with an almost random monomer sequence. From the results described above along with our previous paper, we can presume that the alcoholysis and hydrolysis during the polycondensation afford the polyester with an almost random monomer sequence in this condition.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 71(7), 420-425, 1998-07-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002481887
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4523164
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ