浸透架橋における溶剤の挙動 Behavior of Organic Solvents in a Penetrative Curing System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

浸透架橋は次のように進行する。1) 塗装・脱溶媒して熱可塑性塗膜を得る。2) 熱可塑性塗膜を架橋剤水溶液に浸漬する。3) 架橋剤が塗膜に浸透して架橋する。4) 塗膜を乾燥すれば直にハンドリング可能な塗膜になる。以上の全工程は低温 (20-600℃) ・短時間 (5-20分) で完了する。この方法で速度を律速するのは架橋剤の浸透速度と反応速度である。この架橋剤水溶液には, 塗膜を膨潤して架橋剤の浸透を助ける膨潤溶剤と, 反応速度を速める酸触媒が入っている。本報告では, これら補助剤がどのように働き, どのように失われていくかを検討した結果次のことがわかった。1) 連続操作中に失われるのは主に膨潤溶剤である。2) 溶剤量が少なく膨潤率が低い場合にも, 浸漬温度を高めることで架橋時間を短くすることができる。3) 膨潤率の低い状態で架橋した塗膜は優れた耐食性を示す。

A penetrative curing of a paint film with a film-penetrative cross-linker proceeded as follows : <BR>(1) a thermoplastic film was obtained by coatings and desolvent ; (2) the film was dipped in an aqueous cross-linker solution ; (3) the film was cured by the penetrated cross-linker ; (4) the cured film could be handled immediately after the evaporation of liquid components. All processes were performed at low temperature (20-60°C) and in a short time (5-20 min).<BR>Total time requied for this process was mainly determined by the penetration and reaction rates of a cross-linker. The aqueous cross-linker solution contained two additives besides the cross-linker : They were an organic solvent which can swell the film to improve the mobility of the crosslinker, and an acid which is an accelerator of this reaction.<BR>In this paper, the rolls of the additives and their changes during the continuous process were studied. As a result, it was found that () the organic solvent for swelling the coating films was consumed, (2) low cross-linking rate due to low swelling was compensated by a slight increase of the dipping temperature, and (3) coating films cured under low swelling conditions had good in corrosion resistance.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 71(7), 426-433, 1998-07-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002481896
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4523165
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ