アンモニウム基を持つ二酸化チタン粒子へのトリマー界面活性剤の吸着 Adsorption of a Trimeric Surfactant on Titanium Dioxide with Quaternary Ammonium Groups

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鎖長の異なるアルキルアンモニウム基を持っ二酸化チタン粒子へのトリマー界面活性剤であるメチルドデシルビス [2- (ジメチルドデシルアンモニオ) エチル] アンモニウムトリブロマイド (3RdienQ) の吸着を調べた。3RdienQの吸着量はアルキル基の鎖長の増加にともない増加した。スピンプローブを用いたESR測定から, 処理した二酸化チタンに形成される3RdienQの吸着層の微視的粘度は未処理に比べて大きな値を示した。また, 2一ナフトールの吸着可溶化挙動はアルキル基の鎖長や3RdienQの吸着により著しく影響されることが明らかになった。

Adsorption of a trimeric cationic surfactant, methyldodecylbis [2- (dimethyldodecyl ammonio) ethyl] ammonium tribromide (3RdienQ) on titanium dioxide modified with quaternary amonium groups (XNm, m= alkyl chain length from 4 to 16) was studied. The amount of 3RdienQ adsorbed increased with an increase of the alkyl chain length on XNm. ESR measurements using a spin probe indicate that microviscosity of the 3RdienQ adsorbed layer is greater compared with that of untreated titanium dioxide. Adsolubilization behavior of 2-naphthol was markedly influenced by the alkyl chains grafted on titanium dioxide.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 71(8), 494-499, 1998-08-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002482136
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4546033
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ