ミセル電解法によるカーボンブラック/金属フタロシアニン複合薄膜の作製-ブラックマトリクスへの応用- Formation of Carbon Black/Metal Phthalocyanine Composite Film by Micelle Disruption Method-Application to Black Matrix-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

カーボンブラック (CB) と鉄フタロシアニン (FePC) または銅フタロシアニン (CuPC) との複合薄膜を作製し, ブラックマトリスクとしての適性を調べている。酸化還元能を有するアゾベンゼンを導入した界面活性剤の水溶液にカーボンブラックと金属フタロシアニンを分散させ, これらの界面活性剤の還元により酸化スズインジウム透明電極 (ITO) 上に薄膜を作製している。複合薄膜は, CBの混合率が高いと作製時に水洗により剥がれ, CB混合率が70wt%以下では水洗しても剥がれなかった。FePC/CBおよびCuPC/CB複合薄膜では, CBの混合率の高いほうが可視領域での吸光度が高く, また, CBの混合率が70wt%で膜厚が1μm以上では最低の吸光度が3以上になることが明らかとなった。また, 複合薄膜の反射率は, いずれも可視領域では最大で約7%であった。

Carbon black (CB) /metal phthalocyanine (MPC) composite films were prepared by electroless plating method. Application of the composite films to black matrix of liquid crystalline display was discussed. The electroless plating of the composite film was performed by the immersion of an indium tin oxide (ITO) plate, which was short-circuited with an aluminum plate, into a dispersion containing CB, MPC, 0.1 M HC1 and 2 mM surfactant containing an azobenzene group. Stable composite films were obtained using a dispersion containing less than 70 wt% of CB content. The absorbance of the composite film in visible region increased with CB. When the content of CB and the thickness of the film were 70 wt% and 1μm, respectively, the lowest absorbance of the composite film in visible region was greater than 3. The maximum reflectance of the each composite film we prepared was less than 7%.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 71(9), 541-547, 1998-09-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002482308
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4565068
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ