酸性雨によるアクリルメラミン塗膜のエッチング機構(第2報) -硫酸によるメラミン樹脂の抽出- Mechanism of Acid Rain Etching of Acrylic-Melamine Clearcoats -Extraction of Melamine Resin by Concentrated Sulfuric Acid-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日射下の車体塗膜上で濃縮された酸性雨滴に相当する70wt%硫酸を用いてアクリルメラミン塗膜のエッチング機構を検討した。<BR>60℃の70wt%硫酸に塗膜を浸漬し, 液相に抽出された物質を赤外分光分析 (IR) および元素分析した。抽出された物質は水には不溶で, IR分析からトリアジン環構造を維持していること, およびその元素組成からアミノ基の約40%がメチロール化された部分メチロール化メラミンであることがわかった。アクリルメラミン塗膜のエッチングは, 架橋切断されたメラミン樹脂がシアヌル酸のような水溶性物質にまで分解されることなく, 部分メチロール化メラミンとして硫酸に抽出され, 塗膜が収縮する結果として生じることが明らかになった。

The mechanism of acid rain etching of acrylic-melamine clearcoats has been studied using 70 wt% sulfuric acid as a model reagent for concentrated acid rain on automotive bodies. Free acrylic-melamine coating films were immersed in 70 wt% sulfuric acid at 60°C and the extracted substances were analyzed by IR and elemental analysis.<BR>It was found that the extracted substances contained triazine structure and had elemental composition of a partial-methylolmelamine. These results indicated that sulfuric acid decomposed melamine-crosslinker to partial-methylolmelamine but not to water-soluble compounds such as cyanuric acid.<BR>The acid rain etching is caused by the extraction of the melamine resin by the concentrated sulfuric acid.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 71(12), 741-745, 1998-12-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002482822
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4629863
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ