西南北海道横津岳における最終氷期以降の植生変遷 Vegetational History of Mt. Yokotsudake, Southwestern Hokkaido, since the Last Glacial

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北海道南西部の横津岳(標高1,167m)山系において,3地点の花粉分析を行い,過去約1万5千年間の植生を復元した.その結果,約12,000年前以前には,トウヒ属を主とする亜寒帯林が成立しており,横津岳の中腹(標高600m付近)には,寒冷な気候を示すコケスギラン<i>Selaginella selaginoides</i>が生育していた.この時期のコナラ属の連続産出は,現在の北海道の冷温帯林の主要構成要素のミズナラが亜寒帯林中に散在して生育していたことを示す.アレレード(Alleröd)期には,ミズナラ,ブナなどを主とする冷温帯林要素が増加したが,ヤンガードリアス(Younger Dryas)期には,再び亜寒帯林要素が増加し,晩氷期の気候変動に対応した森林植生の変化が認められた.氷期が終了した10,000年前には,亜寒帯林は完全に消滅した.10,000~5/6,000年前には,ミズナラを主とする森林が成立し,ヤンガードリアス期には減少していたブナが再び増加した.ブナを主とする森林(ブナ林)は,約6,000年前には標高600mよりも低標高地にも侵入し,ミズナラを主とする森林を置き換えて優勢となり,現在に至った.ブナはこれまで6,000年前頃渡道したと考えられていたが,本研究の結果,最終氷期に横津岳周辺の逃避地に生育し,温暖化に伴い分布を拡大したと考えられる.

The vegetational history during the last 15, 000 years of Mt. Yokotsudake in southwestern Hokkaido (1, 167m elevation) was reconstructed based on three pollen study sites. Before 12, 000yrs BP, sub-boreal forest dominated by <i>Picea</i> dominated on Mt. Yokotsudake, and the presence of <i>Selaginella selaginoides</i> on the mountainside (about 600m elevation) indicated a very cold climate. Continuous occurrence of <i>Quercus</i> pollen indicates sparse distribution of <i>Quercus mongorica</i> var. <i>grosseserrata</i>, a principal cool temperate species in Hokkaido, in the sub-boreal forest during the time. Late glacial climatic change is clearly recognized by on increase (in Alleröd interstadial) and a decrease (in Younger Dryas stadial) of cool temperate elements such as <i>Quercus</i> and <i>Fagus</i>. The sub-boreal forest was completely replaced by cool temperate forest at the end of the Last Glacial (10, 000yrs BP). The cool temperate forest from 10, 000 to 5, 000/6, 000yrs BP was mainly composed of <i>Quercus mongorica</i> var. <i>grosseserrata</i> associated with small amounts of <i>Fagus crenata</i>. <i>Fagus crenata</i> dominated the forest established above 600m elevation until 6, 000yrs BP, when it invaded and replaced <i>Quercus mongorica</i> var. <i>grosseserrata</i> forests after the Hypsithermal time. This study shows that <i>Fagus crenata</i> lived in refugia through the Last Glacial in Yokotsudake, and extended their range after the end of the Last Glacial.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 36(4), 217-234, 1997-10-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002509339
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4332861
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ