最終氷期以降の日本海および周辺域の環境変遷 Paleoenvironmental Changes in and around the Japan Sea since the Last Glacial Period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 多田 隆治 TADA Ryuji
    • 東京大学大学院理学系研究科地質学専攻 Department of Geoscience, Graduate School of Science, University of Tokyo

抄録

第四紀後期の日本海堆積物は,センチメートルからメートルスケールでリズミカルに繰り返す明暗の縞で特徴づけられる.日本海中南部ODP797地点より採取された堆積コアについて高解像度解析を行った結果,これら明暗縞は日本海全域にわたって数百年から数千年間隔で繰り返し起こった海洋環境変動を反映し,近年グリーンランド氷床記録より見いだされたダンスガード・オシュガー・サイクルと呼ばれる突然かつ急激な気候変動に同調していることが明らかになった.日本海におけるその変動は,ダンスガード・オシュガー・サイクル温暖期に対応した東シナ海沿岸水の日本海への流入比率の増加,表層水塩分の低下による深層水循環の減衰,表層での生物生産性の増加とそれによる暗色縞の堆積および,寒冷期に対応した東シナ海沿岸水流入比率の減少,表層水塩分の上昇による深層水循環の強化,生物生産性の減少とそれによる明色縞の堆積で特徴づけられる.さらに,東シナ海沿岸水流入比率の増加は,中央アジアの湿潤化に伴う黄河あるいは揚子江流出量の増大を反映した可能性がある.

Late Quaternary hemipelagic sediments of the Japan Sea are characterized by cm to m scale rhythmical repetition of the dark and light layers. High-resolution analysis of sediment core from ODP Site 797 of south central Japan Sea revealed that these dark and light layers reflect millennial-scale paleoceanographic changes within the sea which are associated with large and abrupt climatic changes known as Dansgaard-Oeschger Cycles (DOC) which have recently been confirmed by analyses of ice cores from central Greenland. The dark layers depositions, which correspond to interstadials of the DOC, reflect increases in the relative contribution of East China Sea Coastal Water to the influx to the Japan Sea, consequent decreases in the surface water salinity and reduction in deepwater production, and the increase in surface water productivity, whereas light layer depositions, which correspond to stadials of the DOC, reflect decreases in the relative contribution of East China Sea Coastal Water, consequent increases in surface water salinity and enhancement of deepwater production, and decreases surface water productivity. In addition, variation in the relative contribution of the East China Sea Coastal Water could have been caused by changes in the discharge from the Huanghe and Changjiang Rivers which should have reflected wet and dry cycles in Central Asia.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 36(5), 287-300, 1997-12-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  55件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002509472
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4365111
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ