縄文時代の栽培植物 Jomon Agriculture : Retrieval of Evidence

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

これまで,縄文文化には複数の栽培植物アサ(アサ属<i>Cannabis</i>),エゴマ(シソ属<i>Perilla</i>),ヒョウタン(ユウガオ属<i>Lagenaria</i>),クリ(クリ属<i>Castanea</i>)等の存在が知られていた.しかし,最近のフローテーション法の採用による炭化植物種子の検出,イネのプラントオパール抽出などの考古植物学的な調査によれば,縄文文化前期~中期前半の層準から東日本ではヒエ(<i>Echinochloa</i>)が,西日本にはイネ(<i>Oryza sativa</i>)が検出される.これらイネ科Gramineae植物の出現や文化的な背景には,まだ不明の部分が多い.しかし,ヒエは東日本で栽培化が行われた可能性があり,イネはアジア大陸とその周辺部から渡来してきた,と考えられる.また,縄文時代に存在するといわれていたリョクトウ<i>Vigna radiata</i> (L.) Wilczekについては,まだ確実な資料は発見されていない.

The evidences of domesticated plants such as <i>asa</i> (<i>cannabis</i>), <i>egoma</i> (<i>Perilla</i>), <i>byotan</i> (<i>La</i>genaria), and <i>kuri</i> (<i>Castanea</i>) have known already among the Jomon culture in Japan.<br>According to the some excellent recent result from archaeobotanical research including flotation and plant opal analysis, <i>hie</i> (<i>Echinochloa utilis</i>) has been found in East Japan and also <i>ine</i> (<i>Oryza sativa</i>) has been found in West Japan dated to between 6, 000 and 5, 000yrs BP (the Eary-Midle Jomon stages). Although a cultural context of these eviedence is still unknown, it is possible to consider that <i>hie</i> (<i>Echinochloa utilis</i>) has been domesticated in East Japan and <i>ine</i> (<i>Oryza sativa</i>) has been brought over from East Asia.<br>Definite evidence of <i>ryokutou</i> (<i>Vigna radiata</i>) has not been found yet in Japan.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 36(5), 343-346, 1997-12-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002509703
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4365116
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ