対馬海流の脈動と北海道における完新世の温暖貝化石群集の変遷 Holocene Fluctuation of the Warm Tsushima Current and Warm Molluscan Assemblages from Hokkaido, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

函館から発見されたシオフキ・ハマグリ・イボキサゴなどからなる暖流系貝化石群集の<sup>14</sup>C年代値は約2,400~2,300年前で,従来知られていた縄文海進期の年代よりも新しかった.新たに年代測定された群集を含めると,北海道南部における温暖種の産出年代は7,500年前,4,000年前,および2,400~2,300年前の3つの時期がある.この温暖種の産出年代は,対馬海流の強勢期によく一致する.温暖貝化石群集は,対馬海流の脈動に対応して分布を北海道まで拡げたが,このような事件は完新世に3回生じた可能性がある.

A molluscan assemblage including warm water species such as <i>Meretrix lusoria</i>, <i>Mactra veneriformis</i>, <i>Umbonium moniliferum</i>, etc., found in the Hakodate Plain was dated 2, 400-2, 300yrs BP by the <sup>14</sup>C method. This age is younger than the known warm Jomon transgression (Flandrian transgression) period. Based on the newly dated assemblage, three stages of Holocene warm assemblages are recognized from southern Hokkaido: 7, 500yrs BP, 4, 000yrs BP, and 2, 400-2, 300yrs BP. These stages are concordant with three periods of strong northward inflow of the warm Tsushima Current. Warm molluscan assemblages probably extended their geographical range to Hokkaido three times synchronously with strong inflow of the current.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(1), 25-32, 1998-02-28 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  47件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002509787
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4411879
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ