黄土層の初磁化率 : レヴィユー Initial Magnetic Susceptibility of the Chinese Loess : a Review

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鳥居 雅之 TORII Masayuki
    • 京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻 Division of Earth and Planetary Sciences, Graduate School of Science, Kyoto University
    • 福間 浩司 FUKUMA Koji
    • 海洋科学技術センター深海研究部 Department of Deep Sea Research, Japan Marine Science and Technology Center

抄録

黄土層は,アジア大陸内部での過去250万年間の古環境変動を研究する絶好の対象である.とりわけ,モンスーン気候の成立と密接な関係があると考えられていること,また黄砂現象が日本や広く太平洋(北半球)にまで及んでいることなどを考えると,第四紀の古環境復元にとって黄土層研究の持つ意味は大きい.黄土層による古環境研究が進んだ大きな理由の1つとして,黄土層の初磁化率の変動が深海底堆積物の酸素同位体比変動ときわめてよく似ていることがあげられる.古気候のproxyが陸成堆積物から得られたことの意味は非常に大きい.その一方で,黄土層ではなぜ初磁化率の変動が見られるのか,とくに古土壌でなぜ初磁化率が増加するのかということが,この10年間の岩石磁気学的研究の中心的課題であった.初磁化率は,単に強磁性鉱物の含有量に比例しているのではなく,強磁性鉱物の種類ごとの粒径分布に強く支配されている.最近の研究により,土壌化作用で形成される100nm以下の単磁区~超常磁性粒子の増加が,古土壌での初磁化率増加の原因であることがはっきりしてきた.この過程が生物的なのか,それとも非生物的なのかについてはまだ議論が続いているが,いずれの場合でも気候の湿潤温暖化が古土壌での初磁化率増加の共通の原因であることは確かだろう.初磁化率増加のメカニズムがはっきりしてきたことにより,初磁化率の変動から降水量を推定し,古気候復元のための定量的モデルを構築することが可能になってきた.

The Chinese Loess is one of the best targets for the study of paleoclimatic changes spread over the Asian continent for the last 2.5Ma. The information from the loess is important for understanding Quaternary paleoenvironmental changes. The formation of the Chinese Loess Plateau has a close relationship with the initiation of the monsoon climate. The aeolian dust observed around Japan and the northern Pacific has been transported by monsoon winds, and the source area can be found in and around the Chinese Loess Plateau. The most important factor which propelled paleoenvironmental study of the Chinese Loess is the surprising similarity between the initial magnetic susceptibility curve obtained from the loess section and the oxygen isotope fluctuation from the deep-sea sediments. Although the demonstration of a new proxy for paleoclimate from the land sediments was impressive, several important questions have been raised: why does the initial susceptibility fluctuate in the loess sections, and what are causes of enhancement of the initial susceptibility in the paleosols? These have been hot topics for the last tens year in the world's rock magnetic community. The initial susceptibility is not simply controlled by the abundance of strong magnetic minerals but is also controlled by the grain size distribution of each magnetic mineral. The increase in abundance of superparamagnetic grains (<100nm) in the paleosol enhances initial susceptibility, which is induced by a pedogenesis of the loess. Whether biotic or abiotic, the formation of superparamagnetic minerals has been debated. A wet and warm climate could be a common factor in the enhancement of the initial susceptibility of paleosols. It is now becoming possible to propose quantitative, robust model to restore the paleoenvironment on the basis of paleoprecipitation deduced from the initial susceptibility fluctuation.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(1), 33-45, 1998-02-28 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  54件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002509835
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4411880
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ