長野県北御牧村の下部更新統大杭層から産出した地表性甲虫(鞘翅目, オサムシ科)化石の生物地理学的・古環境意義 Early Pleistocene Ground Beetles(Coleoptera : Carabidae) from the Ookui Formation in Nagano Prefecture, Central Japan, and their Biogeographical and Paleoenvironmental Significance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

長野県北佐久郡北御牧村の下部更新統の大杭層から多くの甲虫化石が得られた.これらの化石はオサムシ科ゲンゴロウ科,ガムシ科,ハムシ科のネクイハムシ亜科などの地表性・水生甲虫により構成される.地表性甲虫の化石には,セスジアカガネオサムシ(<i>Hemicarabus maeander</i>),マークオサムシ(<i>Apotomopterus maacki</i>),クマガイクロアオゴミムシ(<i>Chlaenius gebleri</i>)の3種が含まれていた.<br>セスジアカガネオサムシは,現在では化石産地を含む本州には分布しておらず,北海道,済州島,サハリン,中国東北部,シベリア東部,北アメリカに分布する.この化石の発見と現在の分布は,この種のかつて広く連続した分布域が不連続になり,前期更新世以降に本州から絶滅したことを示している.したがって,この種は更新世における本州の地理的レリックであると考えられる.さらに,セスジアカガネオサムシ,マークオサムシ,クマガイクロアオゴミムシの3種について,現在の分布と化石記録から,日本列島への進入経路と時期について考察した.また,大杭層産の化石を含む更新世の化石記録は,日本列島におけるオサムシ亜科の現生種が前期更新世以前に遡ることを示している.<br>甲虫化石に基づく上部大杭層の古環境は,止水域を伴うヨシの生える低層湿原であったと推定される.これらの甲虫群集,とりわけセスジアカガネオサムシとクマガイクロアオゴミムシを含むことは,上部大杭層の堆積した時期に北海道で見られるような低層湿原が存在したことを示している.

Abundant fossil beetles were obtained from the Lower Pleistocene Ookui Formation in Kitamimaki-mura, Kitasaku-gun, Nagano Prefecture, Central Japan. These fossils are composed of ground and aquatic beetles, such as Carabidae, Dytiscidae, Hydrophilidae, and Donaciinae of Chrysomelidae. Several fossils of ground beetles are identified with three interesting species, <i>Hemicarabus maeander</i>, <i>Apotomopterus maacki</i>, and <i>Chlaenius gebleri</i>. Among them, <i>H. maeander</i> is not distributed in Honshu where the fossil occurred, but can be found in Hokkaido, Chejudo, Sakhalin, N. E. China, Mongolia, East Siberia, and North America at the present time. The fossil finding indicates that the widely and continuous distributional range of this species seemed to become discontinuous, and extinct in Honshu after the Early Pleistocene. Thus, this species can be considered as a geographic relict species in Honshu during the Pleistocene. The paleoenvironment of the Upper member of the Ookui Formation based on beetle fossils seems that there were mainly low moor of reeds accompanied with areas of still water. These beetle assemblages, especially including <i>H. maeander</i> and <i>C. gebleri</i>, suggest presence of low moor which is similar to those found in Hokkaido during the Upper member of the Ookui Formation deposited.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(2), 117-129, 1998-05-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002510035
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4486303
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ