加賀平野で発見された白山起源の火山灰層 Holocene Volcanic Ash Layer Derived from Hakusan Volcano Discovered in Kanazawa City, Central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

加賀平野下のボーリングコアから発見された火山灰層は,その年代が約8,800~8,270年前であると推定される.火山ガラスの屈折率・鉱物組み合わせ・年代に基づくと,この火山灰層に一致する広域テフラは報告されていない.一方,加賀平野の南約50kmに位置する白山火山には,ほぼ同時代に噴出した弥陀ヶ原火山灰層が存在し,その重鉱物組成は発見された火山灰層とよく一致する.よって,この火山灰層は弥陀ヶ原火山灰層に対比される可能性が高い.

A volcanic ash layer was discovered in two sediment cores from the Kaga coastal plain, Ishikawa Prefecture. Three radiocarbon dates, obtained from wood and molluscan shells above and below the ash layer, indicate that its eruption occurred between ca. 8, 800 and ca. 8, 270yrs BP. From the age, distribution and mineral assemblage of the ash layer, it is considered to correlate with the Midagahara ash layer derived from Hakusan volcano, located 50km south of the Kaga coastal plain.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(2), 131-138, 1998-05-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002510065
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4486304
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ