最終氷期における気温変動 -Dansgaard-Oeschgerサイクルとハインリッヒ・イベント- Climatic Change during the Last Glacial : Dansgaard-Oeschger Cycles and Heinrich Events

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

グリーンランド氷床のコアの安定酸素同位体組成の解析により,Dansgaard-Ocschgerサイクルと呼ばれる氷期における24ものinterstadials(亜間氷期)が明らかとなった.interstadialsは,数十年間で5~7℃の急激な温暖化とその後500~2,000年の緩やかな寒冷化で特徴づけられる気温変動である.また,Dansgaard-Oeschgerサイクルを束ねたBondサイクルと呼ばれる気温変動は,ローレンタイド氷床から北大西洋への氷山群の流出(ハインリッヒイベント)後に急激な温暖化で始まることが,海底コアとの対比で明らかとなった.本論では,氷期における北大西洋深層水(NADW)の消長による海洋での熱塩循環の変動が,地球規模での気候を支配してきたことを示すとともに,気候システムには2つの安定なモードがあることを指摘する.さらに,現在進行中の温暖化に伴う降水量の増加により,北大西洋海域の塩分濃度が低下し,熱塩循環が止まり,現在とは別の気候モード(寒冷化)が引き起こされる可能性を紹介する.

Recent results from Greenland deep ice core studies have revealed 24 glacial interstadials which are characterized by large (a range of 5-7°C) and abrupt climate changes over a few decades, called the Dansgaard-Oeschger cycle. Massive iceberg discharge (Heinrich event) was followed by Bond cycle bounding of Dansgaard-Oeschger cycles. By reviewing recent studies, the present paper emphasizes two stable modes in the global climate system, and the role of thermohalaine in the occurrence of abrupt warming during the last glacial period. Furthermore, the possibility of a shift of the current climate mode to another resulting from an increase in precipitation due to the current global warming and the cessation of thermohaline circulation is introduced.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(3), 181-188, 1998-07-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002510177
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4534127
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ