日本周辺における第四紀後期の広域風成塵の堆積速度 Accumulation Rate of Tropospheric Dust in and around the Japan Islands during the Latest Quaternary

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本では,広域風成塵は主として冬季の北西モンスーンによって飛来する.このため,広域風成塵の堆積速度の変動から,北西モンスーンの強度の変動が復元できる可能性が高い.広域風成塵の堆積の証拠として,粒径組成と鉱物組成が用いられるが,両者だけでは確定的ではない.そのため,近年では石英の酸素同位体比組成,天然熱蛍光(TL),酸素空格子信号強度を併用して,第四系中への広域風成塵の混入が明らかにされている.このような証拠をもとに求められた日本周辺における広域風成塵の堆積速度は,おおむね10<sup>0</sup>~10<sup>-1</sup>mg cm<sup>-2</sup>y<sup>-1</sup>のオーダーであり,寒冷な時期に堆積速度が増加する傾向が認められた.このことは,寒冷な時期に北西モンスーンの強度が増大したことを示唆する.

Tropospheric dusts in Japan were transported from China's interior by the northwest winter monsoon; accordingly their accumulation rate would be a proxy for the intensity of the monsoon. The accumulation rates of Quaternary sediments in and around Japan Islands are in the range of 10<sup>-1</sup> to 10<sup>0</sup>mg cm<sup>-2</sup>y<sup>-1</sup>, and they increased during the cold climate episodes of the latest Quaternary. This evidence indicates that the northwest winter monsoon was more intense during the cold stage. This result agrees well with the terrestrial record obtained from the series of data on magnetic susceptibility, grain size distribution, and accumulation rate within loess-paleosol sections of the Chinese Loess Plateau.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(3), 205-210, 1998-07-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  42件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002510263
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4534130
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ