東アジアモンスーンと高緯度気候のテレコネクション : 日本海および南シナ海の海底コアの高解像度記録とグリーンランドGIPS 2 氷床コアとの比較 Tele-connections between East Asian Monsoon and the High-latitude Climate : A Comparison between the GISP 2 Ice Core Record and the High Resolution Marine Records from the Japan and the South China Seas

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 王 律江 WANG Luejiang
    • 北海道大学大学院地球環境科学研究科 Graduate School of Environmental Earth Sciences, Hokkaido University
    • 大場 忠道 OBA Tadamichi
    • 北海道大学大学院地球環境科学研究科 Graduate School of Environmental Earth Sciences, Hokkaido University

抄録

日本海および南シナ海の海底堆積物の高解像度記録と,グリーンランドGIPS2氷床コアの記録を比較したところ,最終氷期において低-中緯度の東アジアモンスーンと高緯度のグリーンランドとの間に気候上のテレコネクションがあったことが示唆された。<br>Dansgaard-Oeschgerサイクルにおいて急激に温暖化した時代は,モンスーンが強化されて南シナ海や東シナ海への降水量が増加した時代と一致する.そうした時代には,南シナ海では海洋表層の塩分が低下し,日本海では淡水流入によって海水の鉛直混合が弱まり,暗色の細互層が堆積している.このようなテレコネクションが起こった原因は,夏季の南西モンスーンあるいは南東モンスーンと偏西風との間の相互作用によって生じたと考えられる.すなわち,グリーンランドのような高緯度が暖められると,偏西風のまっすぐ進もうとする力が弱まり,東アジアではモンスーン循環が南北方向に蛇行する.その結果,夏季に陸上の中-高緯度が暖められて,陸上の低気圧帯と海との間の気圧傾度が増加し,南西モンスーンや南東モンスーンが強められるからである.

Based on the high resolution marine sediment records from the Japan and the South China Seas, a comparison to the GISP 2 ice core record suggests a climatic tele-connections between the low-to-mid latitude East Asian Monsoon climate and that over the high latitude Greenland during the last glacial period. Episodic warm periods of Dansgaard-Oeschger events are correlated to the periods when increased monsoon precipitation caused excess of rainfall in South and East China, hence the decrease in sea surface salinity in the South China Sea, and to the development of the dark laminated sediment layers due to the reduced vertical ventilation by a fresh water lid in the Japan Sea. The possible link in this tele-connection is believed to be a counterbalance between the westerly and the southwest-to-southeast summer monsoon wind. Whenever the high latitude polar Greenland was warmed up, the westerly would have reduced in its strength and/or extension. Consequently, the monsoon circulation culminated in the East Asia due to the increased land-sea pressure contrast during summer, when the low pressure cell over mid-high latitude land areas was intensified due to the high-latitude warming.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(3), 211-219, 1998-07-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002510306
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4534131
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ