第四紀における日本列島への哺乳類の移動 Immigration of Mammals into the Japanese Islands during the Quaternary

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

第四紀における日本列島への哺乳類の移動を本州・四国・九州と北海道,琉球列島という3つの生物地理区に分けて考察した.本州・四国・九州地域では,長鼻類化石の生層序学的研究によって,次の3種のゾウが最初に出現した時期が明らかにされている.すなわち,シガゾウの出現は1.2~1.0Ma頃,トウヨウゾウの出現は0.5Ma頃,ナウマンゾウの出現は0.3Ma頃である.これらのゾウの出現は,それらが近隣の大陸地域から移入してきたことを示し,またそのような移入を可能にする陸橋の形成を示唆する.ナウマンゾウの移入期以後,本州・四国・九州地域は大陸や北海道からずっと隔離されてきたと考えられる.北海道では,化石の記録が本州・四国・九州よりはるかに少ない.北海道の後期更新世の哺乳類は,ナウマンゾウ,プリミゲニウスゾウ,ヤベオオツノジカといった3種の大型草食獣で代表される.そのうち,ナウマンゾウとヤベオオツノジカは,本州・四国・九州地域から0.3Ma頃に移入した可能性があり,プリミゲニウスゾウは後期更新世後半にシベリアからサハリン経由で移入したと考えられる.琉球列島では,更新世の化石記録は大部分が後期更新世のものである.琉球列島北部の後期更新世の動物相では固有の要素が卓越しているが,それらはおそらく更新世以前にこの地域に移入したものであろう.琉球列島南部の後期更新世の動物群は,中期あるいは後期更新世に移入した種類と,より早い時期に移入した種類から成り立っている.

Immigration of mammals during the Quaternary is considered separately in three biogeographic regions of the Japanese Islands: Honshu-Shikoku-Kyushu; Hokkaido; and the Ryukyu Islands. In Honshu-Shikoku-Kyushu, biostratigraphic studies of elephant fossils have revealed the earliest appearances of three elephant species in Quaternary sequences, namely around 1.2-1.0 Ma for <i>Mammuthus shigensis</i>, around 0.5 Ma for <i>Stegodon orientalis</i>, and around 0.3 Ma for <i>Palaeoloxodon naumanni</i>. These appearances indicate their immigration from the adjacent continent, and also suggest the formation of a land bridge which enabled the immigration. Since the immigration stage of <i>P. naumanni</i>, Honshu-Shikoku-Kyushu has been isolated from the Asian continent as well as from Hokkaido.<br>In Hokkaido, fossil records are much scarcer than in Honshu-Shikoku-Kyushu. Late Pleistocene mammals of Hokkaido are represented by only three large herbivores: <i>P. naumanni</i>, <i>Mammuthus prinigeniu</i>, and <i>Sinomegaceros yabei</i>. Of these, <i>P. naumanni</i> and <i>S. yabei</i> immigrated from Honshu-Shikoku-Kyushu, possibly around 0.3 Ma, while<i> M. primigenius</i> moved into Hokkaido from Siberia via Sakhalin during the late Late Pleistocene.<br>In the Ryukyu Islands, Pleistocene fossil records are mostly restricted to those of the Late Pleistocene. The Late Pleistocene fauna in the northern part is dominated by endemic elements which immigrated from the continent possibly in the pre-Pleistocene period. The fauna in the southern part is composed of Late or Middle Pleistocene immigrants as well as much earlier immigrants.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(3), 251-257, 1998-07-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002510466
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4534135
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ