西九州の縄文の水中遺跡とハイドロアイソスタシー・アセノスフェアの粘性率構造 Mid-Holocene Underwater Jomon Sites along the West Coast of Kyushu, Japan, Hydro-isostasy and Asthenospheric Viscosity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

西九州には,縄文前期から縄文中期の水中遺跡が存在する.最終氷期の大陸氷床の融解に伴うハイドロアイソスタティックな地殻傾動は,これらの遺跡の沈水を定量的に説明することができる.これらの水中遺跡の分布は,地球の約250kmまでの深さの粘性構造に敏感に対応した事実を示している.この地域の海面変化の観測値と理論値を比較検討した結果,観測値を説明しうる粘性構造は,リソスフェアの厚さが30~50km,リソスフェア下200kmのアセノスフェアの平均的な粘性率が(8~20)×10<sup>19</sup>Pa sであることが判明した.つまり,アセノスフェアとその下の上部マントルとの粘性率のコントラストは有意ではなく,日本列島のような島弧域においても,発達した低い粘性率のアセノスフェアは存在しないことが示唆される.さらに,ハイドロアイソスタティックな地殻傾動に規定された後氷期の海水準変動は,空間・時間的に変化し,先史時代の居住地や生活様式を規定した可能性がある.

Mid-Holocene underwater Jomon sites typically observed along the west coast of Kyushu, Japan, are reasonably explained by the hydro-isostatic adjustment due to the last deglaciation. The distribution of these underwater Jomon sites is very sensitive to the rheological structure above 250km depth, and comparisons between observations and predictions of sea-level variations indicate a lithospheric thickness of 30-50km and an effective asthenospheric viscosity (-200km thickness) of (8-20)×10<sup>19</sup>Pa s. The viscosity contrast between the asthenosphere and the underlying upper mantle is less than 10, and a well defined low-viscosity asthenosphere may not exist even in the island arc regions such as the Japanese Islands. Thus regional postglacial sea-levels are spatio-temporally variable and dependent on crustal tilting caused by hydro-isostatic adjustment, and they might have constrained the development of prehistoric human settlements and the way of lives.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(4), 315-323, 1998-10-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002510589
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4590060
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ