琉球海溝斜面から得られたピストン・コアの解析に基づく, 過去6万年間にわたる海洋表層の生物生産性の変化 Primary Production Changes for the Past 60,000 Years : Deduced by the Analyses on a Piston Core from the Ryukyu Trench Slope, Northwest Pacific Ocean

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岡 俊太郎 OKA Shuntaro
    • 北海道大学大学院地球環境科学研究科 Laboratory of Geosphere Science, Graduate School of Environmental Science, Hokkaido University.

抄録

琉球海溝斜面から得られたピストン・コア・サンプルについて,浮遊性および底生有孔虫のδ<sup>18</sup>O,δ<sup>13</sup>C,全有機炭素含有量,有機炭素/有機窒素の元素比,炭酸塩含有量,底生有孔虫の産出量,浮遊性有孔虫の群集についての解析を行った.<br>酸素同位体層序および,3層準についてのAMS<sup>14</sup>C年代の測定結果から,このコアは過去約6万年間(酸素同位体ステージ3の始まりから)を連続的に記録していることが明らかである.さらに,底生有孔虫のδ<sup>13</sup>C,全有機炭素含有量,有機炭素/有機窒素の元素比の変化などから,最終氷期の間(特に酸素同位体ステージの2の間),この海域における海洋表層の生物生産性は,現在に比べ高かったことが推定される.また,浮遊性有孔虫の群集の変化から,ステージ2における生物生産性の向上は,寒冷水塊の発達に伴って起こっていたことが推測される.

A piston core (RN95-PC4) collected from the central Ryukyu Trench slope is investigated concerning the down-core fluctuations in planktic and benthic δ<sup>18</sup>O and δ<sup>13</sup>C values, total organic carbon contents (TOC), organic carbon/nitrogen (C/N) ratios, calcium carbonate contents, benthic foraminiferal crops, and planktic foraminiferal fauna. Based upon the oxygen isotope stratigraphy and three AMS<sup>14</sup>C dates, this core reveals a continued sedimentation for the past -60ka; from the early oxygen isotope Stage 3 to the present. The primary production in surface water increased during the last glacial period, particularly in Stage 2, judging from the significant signals in down-core changes of benthic δ<sup>13</sup>C values, TOC, C/N ratios, and so on. Analysis of planktic foraminiferal fauna suggests that the increased primary production in Stage 2 might be ascribed to relative development of upwelling with cold water invasion.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(5), 361-370, 1998-12-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002510699
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    105858
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ