岐阜県上宝村福地に分布する下部更新統福地凝灰角礫岩層のファブリックと礫種組成 Paleocurrent and Petrographic Compositions of the Early Pleistocene Fukuji Tuff Breccia in Kami-takara Area, Central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 植木 岳雪 UEKI Takeyuki
    • 東京都立大学大学院理学研究科地理学教室 Department of Geography, Graduate School of Science, Tokyo Metropolitan University.
    • 岩田 修二 IWATA Shuji
    • 東京都立大学大学院理学研究科地理学教室 Department of Geography, Graduate School of Science, Tokyo Metropolitan University.
    • 塚本 スミ子 TSUKAMOTO Sumiko
    • 東京都立大学大学院理学研究科地理学教室 Department of Geography, Graduate School of Science, Tokyo Metropolitan University.

抄録

岐阜県上宝村に分布する下部更新統福地凝灰角礫岩層の礫のファブリック・礫種組成と,上宝村栃尾温泉における蒲田川現河床の礫種組成を調査した.福地凝灰角礫岩層における礫種組成は,北東にある穂高岳周辺の現在の地質に相当し,笠ヶ岳周辺に分布する流紋岩類が含まれない.また,礫のファブリックによれば,東から西へあるいは北から南への古流向を示す.これらのデータから,福地凝灰角礫岩層は上高地付近から高山方面に西流する"古梓川"によって堆積したと推定され,当時焼岳周辺には現在と同様な起伏をもつ火山が存在しなかったと考えられる.

Petrographic composition of the early Pleistocene Fukuji Tuff Breccia are comparable with the distribution of bedrocks in the area of Mt. Hotaka and the Hida Mountains to the east. Clast fabrics of the formation generally represent westward and southward paleocurrent directions. These facts indicate that in the early to middle Pleistocene, a "paleo-Azusa River", by which the Fukuji Tuff Breccia was deposited, flowed westward from Kamikochi to Takayama. At that time, the volcanoes around Mt. Yake were much lower in elevation than at present.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 37(5), 411-418, 1998-12-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002510825
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    105914
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ