神奈川県の上部鮮新統中津層群からの含ザクロ石テフラ層Mk19の発見とその意義 Garnet-bearing Tephra Layer Mk 19 in the Upper Pliocene Nakatsu Group, Kanagawa Prefecture, Central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

神奈川県の上部鮮新統中津層群大塚層中にザクロ石を含むテフラ層を発見し,これをMk19と命名した.Mk19は層厚11cm,最大粒径10mmの白色軽石層で,Ta型,Tb型の火山ガラスを高い割合で含み,結晶はおもに斜長石および石英の軽鉱物とザクロ石,角閃石,不透明鉱物,黒雲母の重鉱物より構成される.ザクロ石の化学組成は,アルマンディン-スペッサルティン固溶体である.Mk19は,その上位に位置する石英に富むMk20とのセットで,近隣地域の地層を対比する上できわめて有効と考えられる.Mk19と,含ザクロ石テフラ層として知られる新潟県の魚沼層群および灰爪・西山層中のテフラ層や静岡県掛川層群中のテフラ層,神奈川県丹沢細川谷含ザクロ石流紋岩との比較を行ったが,鉱物組成やザクロ石の化学組成が異なり,対比されるものはなかった.

The Upper Pliocene Nakatsu Group along the Sagami River, in Sagamihara and Atsugi Cities and Aikawa Town in Kanagawa Prefecture, has been mainly studied by some palaeontologists as part of their research on molluscan fossils. The Nakatsu Group has been lithologically divided into the Kosawa, Kanzawa, Shimizu, Otsuka, and Shiota Formations in ascending order. The Otsuka and Shiota Formations intercalate many tephra layers; however, detailed stratigraphic study using these tephra layers has never been done. The Mk 19 tephra layer, interbedded in the Otsuka Formation, is composed of Ta, Tb type glass shards, plagioclase, quartz, garnet, amphibole, biotite, and opaque minerals. The garnet is an almandine-spessartine solid solution. The combination of Mk 19 and the Mk 20, abundant in quartz, is useful for correlation in this region.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 38(1), 65-73, 1999-02-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002511041
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4644716
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ