肝属平野の完新世中期以降のテフラと低地の形成 Paleogeography and Tephras of the Kimotsuki Lowland, Southern Kyushu, Japan, in the Middle to Late Holocene

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

南九州大隅半島に位置する肝属平野において,砂州堆積物および泥炭層中に挾在するテフラと泥炭層基底のAMS<sup>14</sup>C年代にもとづき,完新世中期以降の低地の形成史を明らかにした.<br>低地表層に1m未満から5m弱の層厚で堆積する泥炭層中には,5枚のテフラ層が認定される.このうち4枚は層位・層相や岩石記載的特徴から,桜島高峠2(Sz-Tk2:4.5ka),霧島御池(Kr-M:4.2ka),開聞岳9c(Km9c:2ka),開聞岳12a(Km12a:A.D.874)に対比される.<br>最も内陸側の砂州(大塚砂州)は,砂州堆積物上限に堆積する池田降下軽石(Ik-P)の噴出年代から5.5~5.7kaに離水した.これに伴い潟湖の閉塞が完了し,潟湖は南端の潮流口によってのみ外海とっながっていた.その当時の相対的海面高度は+3~+5mである.それに引き続き,大塚砂州背後の潟湖は,泥炭層が堆積するような湿地環境に変化した.泥炭層基底の<sup>14</sup>C年代値によると,湿地環境への変化は池田降下軽石堆積直後の5.6kaから5kaにかけて生じた.その後は,泥炭層中のテフラの年代からみて,少なくとも約4,000年間にわたって泥炭の生成が継続した.

This paper discusses the paleogeography of the Kimotsuki Lowland, southern Kyushu Island, during the middle to late Holocene based on tephrochronology and AMS <sup>14</sup>C dating.<br>As indicated by the Ikeda pumice fall on the berm deposits, the most landward baymouth barrier was formed about 5.5-5.7ka, and the entire barrier appears to have been formed within about 100 years. The relative height of sea level at that time is estimated to be about 3-5m above the present sea level.<br>Five tephra layers occur in the peat deposits, four of which are identified as the Sakurajima-Takatoge 2 (4.5ka), the Kirishima-Miike (4.2ka), the Kaimondake-9c (2ka) and the Kaimondake-12a (A. D. 874). The fifth layer has not yet been correlated. Three AMS <sup>14</sup>C dates obtained from the base of the peat deposits, along with the tephrochronology, indicate that the accumulation of the peat began 5.6ka to 5.0ka and lasted for at least 4, 000 years.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 38(2), 163-173, 1999-04-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002511274
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4694390
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ