鋼道路橋垂直補剛材取付け部の疲労強度 Fatigue Strength of Vertical Stiffener Joints in Steel Highway Bridges.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

4種類の垂直補剛材取付け部をもつプレートガーダー試験体を用いた一定振幅荷重および道路橋シミュレーション変動荷重疲労実験を行い, ディテールによる違いやせん断応力の影響を考慮した強度評価, 強度のばらつきなどについて検討した. その結果, 曲げ応力とせん断応力から求めた最大応力範囲で疲労強度を評価すれば, 一定振幅, 変動荷重ともに全てのディテールについてD等級を十分満足すること, および, すみ肉溶接止端部の形状のばらつきに着目した疲労亀裂進展解析により, かなり厳しい条件を想定した場合でも垂直補剛材取付け部の疲労強度等級としてD等級が十分適用できることなどが示された.

Long-term fatigue behavior of plate girder specimens with four types of vertical stiffener connections is investigated through fatigue tests under constant amplitude and highway bridge variable amplitude loadings. Fatigue cracks are initiated from fillet weld toe at the top and bottom ends of each stiffener and from blow holes contained in the web-to-flange longitudinal weld. It is found that the fatigue failure life of all four connection details plotted against the maximum principal stress range satisfies JSSC fatigue category D.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 612, 31-43, 1999-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002526840
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4641256
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ