曲げとねじりを受けるコンクリート充填円形断面鋼管の実験的研究 Experimental Study of Concrete-filled Steel Members with Circular Cross Section Subjected to Bending and Torsion.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, コンクリートを充填した薄肉円形断面の鋼製部材にねじり, 曲げ, および, それらの組合せ断面力が作用する場合の剛性, 降伏・終局強度, および変形性能について検討するために, 耐荷力実験を実施した. すなわち, 径厚比D/tが30~40の比較的コンパクトな断面の鋼管部材, および, それにコンクリートを充填し合成部材とした実験供試体を各4体の計8体作製した. そして, それらに一様な分布をするねじりモーメントと三角形分布の曲げモーメントとを単独に, あるいは同時に載荷する耐荷力実験を実施した. その結果, 鋼管によって閉じ込められた充填コンクリートに作用する側圧を考慮した実際的な充填コンクリートの圧縮強度と, せん断強度とを基準とした合成断面の全塑性相関曲線を用いれば, この種の合成断面の終局強度を精度よく推定できることがわかった.

This paper describes an experimental study to investigate the stiffness, ultimate strength and ductility of concrete-filled steel members (composite members) with thin-walled circular cross section subjected to bending, torsion and their combinations. Torsional moment with constant distribution, bending moment with triangular distribution along the member axis, and their combinations are applied to 4 steel member specimens and 4 composite member specimens with comparatively compact circular cross section up to their ultimate state. The main conclusion is that the ultimate strength of these composite cross section can be predicted by a fully plastic interaction curve through the adoption of a practical compressive strength and shearing strength of encased concrete by considering the effect of transverse compression due to the hoop action of the outer steel tubes.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 612, 85-97, 1999-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002526919
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4641338
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ