衝突緩衝用落橋防止システムによる桁間衝突の影響の低減効果 Effectiveness of Rubber Type Restrainer to Mitigate Pounding Effect Between Adjacent Decks during an Strong Earthquake.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

積層ゴム支承で支持される多径間連続橋が兵庫県南部地震クラスのレベル2地震動を受けると, 桁掛け違い部で隣接桁どうしが衝突し, 桁重量の数倍の衝突力が生じる可能性がある. 本研究では, 桁間衝突を緩和するためにゴム製緩衝装置を桁端部に設置した場合の, 衝突力の低減効果ならびに桁と橋脚の応答性状の変化について解析的に検討を行った. その結果, 緩衝装置のエネルギー吸収性能はわずかであるものの, 装置を設置することにより衝突力が大きく低減され, また, ひずみ硬化型緩衝装置の方がひずみ軟化型緩衝装置よりも大きな緩衝力を桁間に伝え, 隣接桁の応答変位を均等化するように機能するため, 変位ストッパーとして桁の応答変位を抑える上で適していることが示された.

This paper describes a numerical result to clarify the effectiveness of the rubber type restrainer to mitigate pounding effect between adjacent decks. A series of nonlinear dynamic analysis was conducted for two structural system consisting of 5 spans continuous bridge subjected to an extreme ground motion. It is found from the analysis that effect of the restrainers is significant in deck response and plastic curvature at pier bottoms. It is also found that effect of the energy dissipation in the restrainer is limited because of the small contribution to the total energy dissipation. The effect of the skeleton curve of the restrainer between the strain hardening and strain softening is also studied. It is found that the strain hardening type restrainer is favorable in limiting deck response in both bridges.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 612, 129-142, 1999-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  18件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002526971
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4641365
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ