箱桁吊橋ハンガーピン定着部直下の局部応力と桁内補強構造の疲労挙動 Local Stress and Fatigue Behavior of Reinforcement Structure Underneath a Pinned Anchor of Hanger for a Box-Type Suspension Bridge.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

吊橋において荷重集中点となるハンガー定着部では, 力を円滑に箱桁本体に伝達するため箱桁内には補強部材が取り付けられており, これらは箱桁を構成する主部材と交差する. またハンガー定着部の定着板とデッキとの接合部には, ハンガーによる鉛直力と, 床組作用として橋軸および橋軸直角方向の力が作用する. したがって, ハンガー定着部や定着板直下の部材交差部においては, 応力状態が複雑になるばかりでなく, 疲労上問題となることが考えられる.<br>そこで本研究は, 箱桁吊橋のハンガーをピンで連結した定着構造に着目し, これら定着板接合部および定着板直下補強構造の応力伝達機構と疲労強度を確認し, 適切なディテールを検討した.

This study is to investigate local stress and fatigue behavior of a pinned anchor to deck welded joint and the reinforcement structure underneath for a box-type suspension bridge. Concentrated loads are transmitted from the pinned anchor to members consisting box girder. In order to avoid the weld lines crossing, scallops are made at the intersection where stress concentration occurs. For verifying the fatigue strength and to find better structured details, fatigue tests and static loading tests were conducted for a pin connection detail on full-scale specimens of a anchor structure in order to verify the weak point and the fatigue strength under the ordinary load condition and the wind load condition.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 612, 215-227, 1999-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527095
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4641427
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ