自由端渦の形成特性に着目した高風速渦励振の発現メカニズムに関する研究 A Study on Effects of Free End Condition on Vortex-Induced Vibration of Circular Tower at a High Wind Speed.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

塔状円柱の自由端近傍に発生する"自由端渦"が"高風速渦励振"を励起すると考えられている. 本研究では自由端渦の発生特性を調べるために, 円柱ロッキング模型の頂部に薄い円盤を設置して自由端近傍の流れを変化させることを試みた. 円盤の直径の増加とともに高風速渦励振の振幅は減少し, その発現風速は低風速側ヘシフトする傾向がみられた. 自由端近傍における後流風速変動の測定によって, この原因は自由端渦の発生が弱まると同時に, その周波数が増加するためであることを明らかにしている. また, 円盤の直径をある程度大きくすると, カルマン渦の放出周波数よりもやや低い周波数を有する渦の発生が自由端近傍において著しくなる. このことが応答に与える影響についても考察した.

Wind tunnel experiments using a circular cylinder rocking model were conducted to investigate the characteristics of the vortex-induced vibration at a high wind speed. Attaching a thin circular disk on the model top to modify the flow passing the free-end, the response of that vibration was diminished and the occurrence wind speed tended to be rather low as increase of the disk diameter. This reason was clarified by measurement of the wake fluctuation around the free-end: as the disk diamter increased, the generation of the tip-associated vortex which had been considered as the cause of that vibration weakened and its frequency gradually increased.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 612, 229-238, 1999-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527102
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4641434
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ