高エネルギー吸収型耐震連結板の強度および変形特性 Mechanical Behaviors of a Shock Absorbing Bridge Restrainer Plate.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

阪神大震災後の示方書の改訂をうけて, 既設鋼橋に対する落橋防止対策として鋼板を使用た従来の連結板にかわりスリットを有する連結板を利用することが提案されている. スリット型連結板の特徴はピンがスリットを通過することで地震エネルギを吸収し, 同時に示方書に規定されている移動量内でけたの大きな移動を防ぐことができることである. このため塑性変形することを前提とした強度や変形特性を考慮して設計することが求められる. 本研究では延性に富む低降伏点鋼を連結板に利用することも視野に入れながら数値解析によるパラメトリック解析により強度や変形量に対する設計式を提案する. また延性破壊に対する安全性を数値解析により検討することも試みる.

We have proposed a slit-type bridge restrainer as a possible method to retrofit a steel highway bridge to prevent the fall-off of girders. The slit type restrainer provides enough moving distance and energy absorption capability to comply with the revised specification of highway bridges. These characteristics critically depend on the large plastic deformation of the restrainer plate. In this work, we examine the mechanical behaviors of the slit type restrainer by parametric FEM analyses with the establishment of practical design method in mind. The numerical analysis also covers the possible application of new type material (low yield point steel) and the estimation of ductile fracture.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 612, 239-249, 1999-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527114
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4641441
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ