単調載荷条件下での矩形断面鋼製橋脚アンカー部の終局挙動とモデル化 Ultimate Behavior and Modeling of Rectangular Steel Pier Base-to-Footing Connections Under Monotonic Loads.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

単調載荷条件下での杭方式による矩形断面鋼製橋脚アンカー部の力学的挙動を明らかにするため大型模型実験を実施した. 同時に, アンカー部のモデル化について, 円形断面橋脚アンカー部で既に妥当性が確認されている Component Method と, 道路橋示方書に基本的に準拠したRC複鉄筋断面モデルの検証をおこなった. Component Method についてはここでもその妥当性が確認され, 汎用性のあるモデルであることが確認された. RC複鉄筋断面モデルについては, 材料構成則と平面保持仮定断面の設定をより実状に合致させることにより, 実挙動を比較的精度良く解析できることが判明した.

Large scale model tests are performed to investigate the ultimate behavior of rectangular steel pier base-to-footing connections under monotonic loading. The main purpose of this research is to examine the applicability of the theoretical methods to the prediction of the ultimate behavior of pier base connections. The methods examined here are a component method and a simplified method based on the RC double reinforcement beam model. The validity and accuracy of the component method that were confirmed for the circular steel piers are also confirmed for the rectangular steel pier. This implies that the component method can be generally used to assess the ultimate behavior of pier base-to-footing connections. Regarding the RC double reinforcement beam model, an adoption of a realistic constitutive relation and an assumption of a proper RC cross sectional size lead to an acceptable result.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 612, 297-311, 1999-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527203
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4641531
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ