動的応答解析に用いる鋼管柱の復元力モデルについての検討 Investigation of the Restoring Force Model of a Steel Pipe Column Used for Dynamic Analysis.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は, 1質点系構造物の非線形動的応答解析に用いる復元力特性について, 模型実験結果に基づきバイリニアモデル, 2パラメータモデルのそれぞれを円形断面鋼製橋脚 (鋼管柱) に適用する場合の適切なモデル設定法を検討したものである. 検討の結果, バイリニアモデルにおいては, 繰り返し載荷実験の履歴吸収エネルギーと近似するように降伏点座標を設定することにより, また, 2パラメータモデルにおいては, 繰り返し作用によるひずみ硬化の影響を考慮した復元力モデルのタイプを適用することにより, ハイブリッド地震応答実験の結果に近似する解が得られた.

This paper investigated appropriate model-establishment methods for applying a bi-linear model and a two-parameter model to a circular-section steel bridge pier (steel pipe column), respectively, regarding the restoring force characteristics used for nonlinear dynamic analysis. By this investigation, we obtained a solution which approximates the results of a pseudo-dynamic test by establishing, in the case of the bi-linear model, yield point coordinates approximating the hysteresis absorption energy in a quasi-static cyclic loading test and, in the case of the two-parameter model, by applying the type of the restoring force model, which takes into account the effect of the strain hardening due to cyclic loading.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 612, 379-384, 1999-01-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527327
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4641637
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ