水路群発生の線形安定論 -斜面下流端からの発生理論- Linear stability analysis of channel inception: Downstream-driven theory.:DOWNSTREAM-DRIVEN THEORY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 斜面下流端から発生し上流側へ発達していく水路群形成過程を対象に, 表面流を表現する浅水流方程式とそれによる侵食の式を用いて線形安定解析を行うことによって, 水路群の形成される初期間隔を予測する理論を提案した. 理論によると波長が限界水深/抵抗係数の6倍~100倍程度の範囲でのみ擾乱は発達し得ることが明らかとなった. また擾乱の発達率を最大とする卓越波長は限界水深/抵抗係数の10倍程度となることが明らかとなった. 抵抗係数が0.01のオーダーであることから, 水路群の形成間隔は限界水深の1000倍程度になることが結論される. また斜面勾配あるいは限界剪断力が相対的に大きくなると水路化は起きにくくなることが示された.

A linear stability analysis of downstream-driven channel inception is performed in this study. The analysis shows that, in the case of mild slope where flow is subcritical, perturbations grow only if the wavelength is on the order of 6-100 times as large as the critical depth devided by the friction coefficient (<i>D<sub>c</sub></i>/<i>C<sub>f</sub></i>) and that the characteristic wavelength which maximizes the growth rate of perturbation scales 10 times <i>D<sub>c</sub></i>/<i>C<sub>f</sub></i>. Evaluating the friction coefficient as on the order of 0.01, an estimate of incipient channel spacing on the order of 1000 times the Froude-critical depth is obtained. It is also found that the possibility of channel inception decreases as surface slope or the critical bed shear stress relatively increases.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 614, 65-75, 1999-02-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527511
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4668643
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ