PRC部材の長期変形・応力に関する研究 A study on long-term deformation and stress of prestressed reinforced concrete members.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, プレストレス導入直後から段階的に増加する持続荷重を受けるPRC部材の変形および応力を任意の材齢まで連続的に取り扱える重ね合わせの原理に基づくクリープ解析方法を提示した. 併せて, 持続荷重による載荷でひび割れを発生させ, その後2段階に持続荷重が増大した場合のPRC部材の変形挙動を実験的に明らかにすると共に, 提示したクリープ解析の検証を行った. その結果, 提示したクリープ解析方法は変形, 圧縮ひずみ, 鉄筋ひずみの挙動をかなりよい精度で評価していることが認められた. しかし, 導入プレストレス量が大きい場合や増大された持続荷重下では平均曲率を大きく評価した. 次いで, 本解析方法により経時変化に伴う増加平均曲率に及ぼすクリープと収縮の影響度を明らかにした.

A new creep analysis method based on principle of superposition for concrete is proposed, which can analyze not only deformations but also stresses of prestressed reinforced concrete (PRC) members under sustained loads at any ages between the age at prestressing and the age considered. Time-dependent deformation and stress of PRC members, which are cracked by instantaneous loads and afterwards sustained load is increased in two steps, is experimentally studied and the present analysis method is investigated comparing the computed results with experimental results. As a consequence, the present analysis method showed fairly good agreement with experimental results, which overestimated average curvature of the member prestressed higher and that subjected to increased sustained load. Furthermore, the effect of creep and that of shrinkage of concrete on long-term deformation are estimated numerically.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 613, 43-57, 1999-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527683
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4669400
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ