連続繊維補強材を緊張材としたPC梁の気中と水中における疲労特性 Flexural fatigue behavior of prestressed concrete beams with non-metallic fiber tendon under atmosphere and water.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

連続繊維補強材は, その耐腐食特性から海洋構造物等の高腐食環境下での緊張材としての利用が期待されており, そのような環境下でもひびわれを許容するPC構造物への適用も可能となる. 本研究は, アラミドおよび炭素連続繊維補強材とPC鋼線を緊張材とした, プレテンション方式PC梁の曲げ疲労試験を気中と水中とで実施し, それらの環境が疲労寿命および破壊性状におよぼす影響, ならびにPC梁の構成材料 (コンクリートと連続繊維補強材) の疲労強度と梁の疲労強度との関係について検討したものである.

It is possible to utilize Continuous Fiber Reinforcing Materials (CFRM) for prestressing tendons of prestressed concrete structures in the ocean because they have non-corrosion properties. This study concerns the flexural fatigue behavior of prestressed concrete beams with aramid, carbon fiber tendons and conventional prestressing wire both in atmosphere and in water. The following factors are investigated as to how they have effects on the behavior of prestressed concrete beams; (1) kind of tendon, (2) initial tension of tendon, (3) shear span effective depth ratio, (4) test environment, (5) fatigue strength of concrete and tendon.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 613, 59-69, 1999-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527704
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4669408
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ