電着による鉄筋コンクリートのひび割れ閉塞と表面改質に関する研究 Fundamental study on crack closing and surface improvement of reinforced concrete by electro-deposition method.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 脱塩工法や再アルカリ化工法に代表される電気化学的手法を用いた鉄筋コンクリート構造物の補修工法が注目を集めている. これらは通電によってコンクリート中の各種イオンを移動させる電気化学的な補修工法と言える. しかし, コンクリート表面のひび割れ等の補修に対して電気化学的手法を用いた例は検討がされていない. そこで, 本研究では海中でひび割れの閉塞や表面改質を目的として用いられている電気化学的手法の一つである電着を改良し, 陸上の鉄筋コンクリート構造物に生じたひび割れの閉塞や表面改質を行うことを目的とし, 一旦低下したコンクリート部材の性能の電着による回復程度および電着適用の劣化抑制について検討を行った.

In this paper, the electrodeposition method for the rehabilitation of cracked reinforced concrete, based on the electrochemical technique, is presented. The main purpose of this paper is to apply this technique to reinforced concrete members on land. After cracking with a specified load (crack width 0.5mm), 10×10×20cm concrete specimens with embedded steel bars were immersed in several solutions, then a constant current density between the embedded steel in concrete and an electrode in the solution was applied for 4-20 weeks. The results indicate that electrodeposits formed in this process are able to close concrete cracks and to coat the concrete surface and that formation of these electrodeposits is confirmed to have an effect of protection against detrimental materials. Therefore, it is demonstrated that the electrodeposition method can be usefully applied for the rehabilitation technique of concrete.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 613, 201-210, 1999-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527892
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4669492
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ