弾性平板FEMに基づくコンポジット系舗装の解析法に関する研究 Study on analysis method for composite pavement based on elastic plate FEM.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アスファルト層とコンクリート層のように異なった材料を用いて表層を形成する舗装をコンポジット系舗装と呼ぶ. このようなコンポジット系の舗装を取り扱う新たな平板FEMモデルを開発した. このモデルは平板要素を2層に重ねその間をばねで結合したもので, それぞれの層の挙動を独立に扱うことが可能である. 2層の境界面としてはボンド型, アンボンド型の状態を考慮することができる. 換算厚を用いる従来の方法による計算結果, 試験舗装の載荷実験結果と比較することによってモデルの検証を行った.

Composite pavement is composed of two layers made of different materials, such as asphalt concrete and cement concrete. New plate FEM model has been develpoed based on two layered plate model. A plate element is overlayed on another plate element and connected with linear springs. Two interface conditions between two layers; bonded and unbonded conditions are able to be taken into account. This model is also able to handle the deformations in two layers independently. The model was verified by comparing the calculated strains with measured data.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 613, 237-247, 1999-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527946
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4669506
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ