ILB舗装の目地を歩きやすさの感覚から評価する手法に関する研究 Evaluation method for walking condition of joint on block pavement.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

歩行者系道路の舗装にコンクリート平板やインターロッキングブロックなど, ブロック系材料が使用される機会が増加している. ブロック系材料の施工に際しては目地幅が示されているのみで, 目地の段差高や目地幅の許容範囲などは示されていない. そこで, インターロッキングブロック舗装の目地を対象に, その段差高と目地幅の分布を調査するとともに, 歩きやすさに関する官能試験を行い, 両者を比較分析した. その結果, 目地部の歩きやすさは段差高の平均値と密接な関係を有しており, この関係を用いて歩きやすさを評価する方法を提案した.

Block pavements have an advantage over asphalt pavement on landscape design. On the other hand, block pavements do not always present an advantage in walking condition, since on the surface of block pavements exist lots of joints. In this study, we first sueveyed the unevenness and the width of joints on interlocking block, and then, interviewed pedestrians on the walking condition and their feelings of the joints. Based on the above result, we suggest the evaluation method for the unevenness and the width of the joints.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 613, 263-268, 1999-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527972
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4669731
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ