AE-SiGMA解析によるセメント系固化材料の破壊靭性に関する研究 FRACTURE TOUGHNESS OF CEMENTITIOUS MATERIALS BY SiGMA PROCEDURE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

SiGMA 解析によってAE発生源のモーメントテンソルを求めれば, クラックの発生機構に関する定量的な情報を得る事ができる. 特にクラックの方向が決定しうる点に特徴がある. 一方, 線形破壊力学においては, 最大周方向応力の方向に混合モードクラックが進展することが認められている. そこで, セメント系固化材料のクラック進展実験において, SiGMA解析で得られたクラックの進展方向から応力拡大係数を評価することを試み, その値の変動から破壊課程を考察した.

A quantitative information on kinematics of cracking mechanisms can be obtained from the moment tensor analysis of acoustic emission (AE). According to the SiGMA (Simplified Green's functions for Moment tensor Analysis) procedure, crack orientation and crack types are determined. Based on the theory of linear elastic fracture mechanics (LEFM), crack extension under mixed mode fracture is determined by the maximum circumferential stress criterion. A relation between the direction of crack determined from the moment tensor components and the stress intensity factors is studied and applied to estimate the normalized stress intensity factors, K<sub>I</sub> and K<sub>II</sub>* in cementitious materials.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 613, 269-276, 1999-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002527975
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4669765
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ