風化花崗岩を基礎とする長大橋梁基礎地盤の変形特性評価 Evaluation of the Deformation Characteristics on Weathered Granite for Large-Scale Bridge Foundation.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

長大橋梁の基礎構造物を風化花崗岩等の軟岩上に設置する場合, その地盤の変形特性を正しく評価することが, 変形予測や基礎構造物の合理的な設計のために重要である. 本論では, 風化花崗岩の変形予測を検討するため, 施工段階における地中変位計測の解析結果から, 岩盤等級のD<sub>H</sub>およびC<sub>L</sub>クラスにおいて得られた以下の知見について報告する.<br>(1) 浅い深度では, 変形係数のひずみ依存性が大きいこと<br>(2) 深い深度では, 岩級区分に関わらず変形係数の拘束圧依存性が大きいこと<br>(3) 基礎地盤の表層付近では, 大規模掘削等が地盤の変形特性に影響を与えること

In case of large-scaled bridge foundation of soft rocks such as weathered granite, it is important to evaluate deformation characteristics of bed rock properly for predicting deformation and rational foundation design. As the results of underground displacement measurement during construction, the authors have made to conclude as following points. In the range of the rock mass classification D<sub>H</sub> and C<sub>L</sub> at the survey point, <br>(1) The deformation characteristics depends on the strain level in the shallower zone.<br>(2) Whichever the rock mass classification, the deformation characteristics depend on the restrain in the deeper zone.<br>(3) The deformation characteristics depends on the large-scaled excavation in the near surface zone.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 617, 19-29, 1999-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002528179
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4696262
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ