たわみ性埋設管の合理的設計法の提案 Proposal of a Rational Design Method for Buried Flexible Pipes.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

これまで実際施工で種々の問題を引起こしてきたたわみ性埋設管の現行設計法に代わる合理的設計法を提案した. まず, 基礎理論であるマーストン・スパングラー理論の原理上の矛盾を指摘し, 土と構造物の相互作用の観点に立脚した新しい設計概念を提示した. 次いで, この概念に基づいて, 著者らが多数の遠心実験との照合によって検証した弾性FEM解析モデルを, 設計用として単純化し, その妥当性を確かめた. そして, この設計用FEM計算モデルを用いて, 管に生じる鉛直たわみと最大曲げモーメントを, 埋設方式, 管剛性, 土の変形係数とポアソン比, 土被り高が変化する場合について求め, 設計図表として示した. 提案する設計法を用いれば, 実際と合致する設計値を合理的に予測でき, 続発する埋設管の破損事故を防ぐことができる.

A design method for buried flexible pipes based on anew concept of soil-structure interaction phenomenon is proposed to improve the current inadequate design procedures. Vertical deflections of buried pipes and maximum bending moments produced in the walls of the pipes were calculated by elastic finite element analysis. They are summarized as design charts for deflections and maximum bending moments in pipes in terms of the flexibility index of buried pipes (k), which is defined as the relative stiffness between the pipe and the surrounding soil. The new design method predicts actual pipe behavior reasonably well and therefore will be useful to prevent frequent damages to the buried pipes that occur throughout the world.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 617, 49-63, 1999-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002528212
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4696274
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ