室内試験による大深度礫岩コアの品質評価 Quality Evaluation of Deep Conglomerate Core Samples Based on Laboratory Tests.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地下構造物を大深度礫岩に建設する際には, 礫の影響によりコアの強度および剛性が原位置岩盤よりも過大に評価されたり, 逆に, サンプリングによる乱れの影響によって, 原位置岩盤よりも過小に評価されることが想定される. そこで, 深度600mのボーリングコアを用いた大深度礫岩の室内試験を実施し, 礫岩コアの品質評価を行った. その結果, 礫岩コアの品質に影響を与えるサンプリングによる乱れには, 礫分含有率と方解石含有率の2つが複雑に関与しており, 特に, 方解石含有率が小さく礫分含有率が小さいほど, 礫岩コアがサンプリングによる乱れの影響を受けやすいことがわかった.

In case of constructing underground structures in deep conglomerate, it is considered that strength and deformation properties of conglomerate core samples are occasionally overestimated because of gravel effect, while the properties are underestimated because of sample disturbance by core sampling. A series of laboratory tests was therefore performed using deep conglomerate core samples and the quality evaluation of the samples was conducted. In this paper, it is presented that the sample disturbance which gives influences to the quality of the samples is complicatedly concerned with gravel fraction content and calcite content. Especially the smaller the calcite content and the gravel fraction content are, the more extensively the sample disturbance is influenced.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 617, 77-87, 1999-03-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002528266
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4696296
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ