地下空洞掘削におけるキーブロックの発生予測 Prediction of Existence of Keyblock in Underground Cavern Excavation.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

硬岩の岩盤地下空洞では, 既存の不連続面によって形成されるくさび状岩塊の滑動や抜け落ちが岩盤の破壊を支配する. 本論文では, 奥多々良木発電所の空洞掘削現場に発生したキーブロックを例に, 事前の不連続面調査から空洞に発生するキーブロックの発生頻度, 必要な支保力を算出する手法を示す.

In the ecavern excavated in hard rock, failure model is dominated by the slip slide or fall of jointed rock. In this paper, it is shown how to predict the frequency of keyblock and to evaluate supporting by joint data got from site investigation data

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 617, 115-124, 1999-03-21 

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  5件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002528340
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4696306
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ